クリームを塗るだけで目立つ妊娠線を綺麗に消せる

リスクが高い人は特に注意

婦人

お母さんの経験談も参考に

世の中には、残念ながら「妊娠線ができやすい人」が存在しています。怖いのは、実際に妊娠してみなければ、そのリスクを実感するのは難しいということです。しかもリスクを実感できたときには、すでに妊娠線発生の一歩手前であることも、決して珍しくはありません。できれば妊娠が分かる前から、自身のリスクの高さについて、頭に入れておくのが理想的です。妊娠線が発生するかどうかは、さまざまな条件によっても異なります。比較的リスクが高いと言われているのが、お腹が大きくなりやすい人です。これは、自分自身のお母さんの妊娠経験エピソードを聞いてみると、想像できることでしょう。さらに体重増加が激しいことも、妊娠線発生リスクを高めるポイントとなります。妊娠前に察知するのは難しいかもしれませんが、体重コントロールが苦手な人は注意した方が良さそうです。リスクが高い人は、できるだけ早い段階から妊娠線予防のためのクリームを使うのがオススメです。専用のクリームには、シラノール誘導体やプラセンタエキス、ヒアルロン酸などの保湿成分が含まれていることも多いもの。特に妊娠後期は、しっかりとクリームを塗って保湿をすることで、妊娠線を予防できます。クリームを使ってもまだ保湿力が足りないと感じるときには、上からオイルを重ね塗りするのがオススメです。オイルがクリームの上で膜となり、保湿成分をしっかりと肌に留めてくれることでしょう。リスクが高い人には、特にオススメの方法です。